日本語/ English

奥野 ( おくの ) 彰文 ( あきふみ )

京都大学大学院 情報学研究科 システム科学専攻 数理システム論分野 下平研究室 博士後期課程2年
日本学術振興会 特別研究員 (DC2), 理化学研究所 革新知能統合研究センター 研修生
mailto: okuno [あっと] sys.i.kyoto-u.ac.jp

本棚
経歴
学歴
2017年4月- 京都大学大学院 情報学研究科 システム科学専攻 数理システム論分野 博士後期課程
2016年4月-2017年3月 大阪大学大学院 基礎工学研究科 システム創成専攻 数理科学領域 博士後期課程 (指導教官異動に伴い,転学)
2014年4月-2016年3月 大阪大学大学院 基礎工学研究科 システム創成専攻 数理科学領域 博士前期課程
修士論文題目「グラフ埋め込みの反復重み付けによるロバスト化」(指導教員:下平英寿 教授)
2010年4月-2014年3月 大阪大学 基礎工学部 情報科学科 数理科学コース
卒業論文題目「ロバストな情報量規準の提案とその応用」(指導教員:下平英寿 教授)
2004年4月-2010年3月 立命館中学高等学校(SSコース)
海外滞在経験
2016年10月-2016年11月 バークレー校統計学部 データ科学派遣プログラム(大阪大学MMDS) [写真]
2016年2月-2016年5月 オハイオ州立大学工学部 Prof. Belkin's lab データ科学派遣プログラム(大阪大学MMDS) [写真]
(上記以外の私的海外滞在:アメリカ(2回,合計1か月程度),シンガポール(2回,合計3週間程度),オーストラリア(1回,3週間程度))
受賞歴
2016年5月 特に優れた業績による返還免除(全額, 第1種奨学金) 日本学生支援機構
2016年3月 基礎工学研究科賞 大阪大学大学院基礎工学研究科
2014年3月 基礎工学部賞 大阪大学基礎工学部
2010年3月 木村賞 立命館学園
教育経験など
2017年5月-(現在) 研修生 理化学研究所 革新知能統合研究センター
2017年4月-(現在) 特別研究員(DC2) 日本学術振興会
2017年2月-2017年3月 研究支援パートタイマー 理化学研究所 革新知能統合研究センター
2016年4月-2017年2月 シグマ Research Assistant 大阪大学大学院 基礎工学研究科
2015年10月-2016年3月 (留学生の)チューター OUSSEP
2014年4月-2017年2月 図書館ジュニアTA 大阪大学附属総合図書館
2014年4月-2016年3月 共通教育TA, 基礎工学部TAなど4件 阪大,省略
出版物
  1. 福井一輝, 奥野彰文, 下平英寿. マッチング相関分析を用いた画像-マルチタグ間の相互検索. 電子情報通信学会和文論文誌D. 研究速報(レター), 電子情報通信学会, 2016年8月号採録決定済み
発表
(国際学会・シンポジウム)
  1. ◯Akifumi Okuno and Hidetoshi Shimodaira. Leveraging local data structure for multi-view analysis with many-to-many associations, IFCS 2017, Tokyo, Aug. 2017. (TBA)
  2. ◯Akifumi Okuno and Hidetoshi Shimodaira. Statistical consistency of multi-view correlation analysis with many-to-many associations, Joint Statistical Meeting 2017, Baltimore (USA), Aug 2017. (TBA) [Abst]
  3. ◯Tetsuya Hada, Akifumi Okuno and Hidetoshi Shimodaira. Deep Multi-view Representation Learning Based on Adaptive Weighted Similarity, First International Workshop on Symbolic-Neural Learning, Nagoya, Aug 2017. (TBA)
  4. ◯Akifumi Okuno and Hidetoshi Shimodaira. Robust Multi-view Graph Embedding, International Conference on Robust Statistics 2017, Wollongong (Australia), July 2017. (TBA)
  5. ◯Kazuki Fukui, Akifumi Okuno, and Hidetoshi Shimodaira. Image and tag retrieval by leveraging image-group links with multi-domain graph embedding, IEEE The International Conference on Image Processing, Arizona (USA), September 2016. [Link]
  6. ◯Akifumi Okuno and Hidetoshi Shimodaira. Robust cross-domain matching: Analyzing multi-domain data vectors under mismatched associations. Machine Learning Summer School 2015, Kyoto Unviersity, August 2015.
(国内学会・シンポジウム)
  1. ◯奥野彰文, 下平英寿. 多対多対応を扱う相関分析の一致性について. 第11回日本統計学会春季集会, 政策研究大学院大学, 2017年3月. (優秀発表賞)
  2. ◯奥野彰文, 下平英寿. マッチング相関分析の一致性についての考察. JST CRESTシンポジウム「ビッグデータ利活用のための基盤構築とその応用」, 名古屋工業大学, 2017年2月.
  3. ◯奥野彰文, 下平英寿. 多対多対応を利用したマッチング相関分析の一致性について. 2016年度統計関連学会連合大会, 金沢大学, 2016年9月.
  4. ◯奥野彰文, 下平英寿. 反復重み付けによるロバストなマッチング相関分析. データ科学シンポジウム, 大阪大学, 2016年1月.
  5. ◯奥野彰文, 下平英寿. ロバストなマッチング相関分析の提案と画像認識への応用. 情報論的学習理論と機会学習ワークショップ2015, 筑波, 2015年11月.
  6. ◯奥野彰文, 福井一輝, 下平英寿. 多ドメインでのマッチング相関分析のロバスト化とその応用. 2015年度統計関連学会連合大会, 岡山大学, 2015年9月.
  7. ◯福井一輝, 奥野彰文, 下平英寿. マッチング相関分析を用いた画像-マルチタグ間の相互検索. 第18回画像の認識・理解シンポジウム, 大阪, 2015年7月.
  8. ◯奥野彰文, 下平英寿. Density Power Divergenceを用いたロバストな情報量規準の提案とその応用. 2014年度統計関連学会連合大会, 東京大学, 2014年9月. [Abst]
(その他)
  1. ◯奥野彰文, 下平英寿. 多対多対応を利用したマッチング相関分析の一致性について. 統計サマーセミナー, 千葉, 2016年8月.
  2. ◯奥野彰文, 下平英寿. 多ドメインでのマッチング相関分析のロバスト化とその応用. 統計サマーセミナー, 山口, 2015年8月.

トップ画像の解説はこちら